処理中です...
COVER

若山 修也 本人確認済み

<『ウチのこは』からのおすすめポイント>
入学者の約8割が不登校経験者である通信制高校で拠点の立ち上げや管理/進路指導を経験されてきた不登校・教育相談のスペシャリスト。「"まず何から考え始めたらいいか"がわかる相談の時間」をモットーに、お子さまの進路に関する必要な知識や最新情報をもとに具体的なアドバイスをしてくれます。

  • 専門家としての評価: 5.0 (1件)
対象年齢
中学生高校生
保有資格・経験
相談件数500件以上中学校教員高校教員塾講師・家庭教師
こだわり検索
初回お試しプランあり
対応可能な相談の種類
ビデオ通話で相談メッセージ

自己紹介

学校教育に携わり約10年。不登校に悩む生徒、保護者の方の個別相談を毎年240件以上受けてきました。現在も通信制高校の職員として、最新の進路・受験情報をもとに仕事をする傍ら、これまでの経験が評価され、教育・資格・キャリア関連の面接委員、及び教育アドバイザーとしての仕事も依頼されるようになりました。「話を聞いてくれる」「不安の解消」はもちろんのこと、お子様の進路につながる、具体的で必要な知識や最新の情報、「"まず何から考え始めたらいいか"がわかる相談の時間」をモットーにしています。

【経歴】
入学者の約8割が不登校経験者である通信制高校で拠点の立ち上げや管理/進路指導責任者を経験。生徒の多くが、学習・対人関係などさまざまな困り感を抱えているのと同時に、それと同じかそれ以上に、傍に暮らしているご家族・保護者の方の苦労を間近にしてきました。
自分自身も一児の父として「子育て」に試行錯誤する中で、不登校や学習に悩むお子様をお持ちの保護者の方の苦しい思いを痛感しているところです。

通信制高校の課題として、かねてより「進路決定率」の低さが指摘されてきました。このことから“受け持った生徒さんとご家族の納得の進路実現”を掲げて、経験した現場では卒業生全員の進路を決めた状態(「浪人生」を含む。含まなければ約92%の進路決定率)で、卒業まで導いてきました。

大学では教育、心理、情報を専攻し、ストレスに対してしなやかに対応する「レジリエンス」を研究し、学会発表を経験しています。
中高英語科の教員免許他、重度訪問介護従業者資格を持ち合わせており、福祉、個別の相談対応の経験も積み重ねてきました。

現在は、通信制高校での職務と両立し、これまでの経験と最新の進路指導受験指導の動向の情報を生かして、教育・資格・キャリア関連の面接委員としての活動も行なっています。


【得意な相談】
・「うちの子はこのままだと将来進学・就職できないかもしれない」という不安を持つ中高生の保護者様の進路相談
 →進路の実現にはさまざまな方法があります。お子様の現状に寄り添ってアドバイスします。

・「子どもが不登校になってしまい、このままだと高校を進級できない」などの現在在学中の不登校について
 →現状に合わせた進級・進学のアドバイスをいたします。

・「学校の先生の対応に不信感がある。他の立場の意見や視点がほしい」などの現在在学中の学校との連携について
 →学校現場、保護者様、双方を知る立場からセカンドオピニオンとして視点を提供します。

・「学校に行ってほしい、勉強してほしいのに、言うことを聞かない。子どもの気持ちがわからない」という保護者様のお子様との関わりについて
 →安易・安直な解決策の提示やアドバイスはあえて控えます。じっくりと現状をお伺いしながら、お子様の考えと保護者様の考えを合わせていくためを糸口を探ります。

【実績】
・生徒/保護者の方との相談実施件数累計1,000件以上
・進路決定率平均92%(浪人生、フリーターなどは進路決定に含めず)
・早慶、GMARCH、日東駒専等、有名大学への合格実績も多数(不登校を経験した生徒含む)

【メディア】
・日本教育新聞【連載】若手教師の育つ風景/人生計画を踏まえた学び
・TBS「NEWS23」 遠くから授業 休校以外の方法も
・日本テレビ「news every.」 “ 新型コロナ”対策 通学せずに授業は?
・日経電子版 持病・挫折…そんな自分たちが起業家に

現在お申込いただけるプラン

ビデオ通話で相談(音声のみでもOK) : 6,000 (50分)
お子様の不登校・学校生活・進路に関するお悩みをお聞きいたします。

・「うちの子はこのままだと将来進学・就職できないかもしれない」という不安を持つ中高生の保護者様の進路相談
 →進路の実現にはさまざまな方法があります。お子様の現状に寄り添ってアドバイスします。

・「子どもが不登校になってしまい、このままだと高校を進級できない」などの現在在学中の不登校について
 →現状に合わせた進級・進学のアドバイスをいたします。

・「学校の先生の対応に不信感がある。他の立場の意見や視点がほしい」などの現在在学中の学校との連携について
 →学校現場、保護者様、双方を知る立場からセカンドオピニオンとして視点を提供します。

・「学校に行ってほしい、勉強してほしいのに、言うことを聞かない。子どもの気持ちがわからない」という保護者様のお子様との関わりについて
 →安直なアドバイスはあえて控えます。じっくりと現状をお伺いしながら、お子様の考えと保護者様の考えを合わせていくためを糸口を探ります。
【初回お試し】ビデオ通話で相談(音声のみでもOK) : 2,000 (30分)
さくっとメッセージ相談 : 3,500 (3日間)
たっぷりメッセージ相談 : 7,500 (14日間)
1件
5つ星のうち 5.0
星5つ
100%
星4つ
0%
星3つ
0%
星2つ
0%
星1つ
0%

リコさん

ご利用プラン : ビデオ通話で相談(音声のみでもOK)
通信制高校に通う不登校の長男について相談させていただきました。元中学校の教員であり、現在は通信制高校で教員をされているということから、当事者の悩みをよくわかってくださいました。
たくさんの事例に関わってこられたからこそ、的確に状況を把握していただけて、3年後に向けての広い視点からアドバイスをいただきました。
今後は小さなできたことに目を向けて接していきたいと思います。
この度はありがとうございました!
  • 2022/04/21

レビューは登録されていません

現在お申込いただけるプラン
予約リクエストが専門家に承認されると予約が確定します